menu

ペットシッターになる方法と資格

ドッグシッターになるには?一体何から手をつければいいの?

ドッグシッターになるには一体何から手をつければいいのか

犬のことが大好きで、「将来は、絶対に“ドッグシッター”になる!」と、考えているあなた!
でも、どんな風にドッグシッターの道を歩めばいいのか、何をしたらドッグシッターになれるのか、「方法」が分からず困っている方へ、ドッグシッターになるまでの道のりを紹介します。

道のり1、ドッグシッターの仕事を知ろう!

犬が大好き、という理由だけで、ドッグシッターになりたい!と考えている方は、多くいます。
もちろん、それが悪いとはいいません。

ただ、ドッグシッターといっても、就職先の環境によって、仕事内容が違えば、求められる資格まったく違います。
例えば、Aという会社では、ドッグシッターとしての特別な資格がなくても、就職できるのに、Bという会社では、ドッグシッターの資格を2つ以上持っていないと、採用してもらえない、といったケースもあるでしょう。

また、「毎日大好きな犬に囲まれて、すごく楽しそう!」というイメージが先行するドッグシッターですが、実は、とても過酷で、安易な覚悟では、続けられない仕事内容かもしれません。

ドッグシッターのことをまったく知らずに夢を抱くよりも、「ドッグシッターとはどのような仕事なのか?」を知ることで、少なくとも以下の2つのことを考え、行動できます。

1、本当に自分にできるだろうか?

ドッグシッターを“知る”ことによって、自分に本当に務まる仕事なのかの判断ができます。

2、今、準備できることはなんだろう?

早めにドッグシッターを“知る”ことで、どんな準備が必要で、どんな風に行動したらいいのかが明らかになります。

道のり2、どんな“能力”や“資格”が必要?

ドッグシッターの事を知ったら、今度は、どのような資格や技術、知識などが必要なのかを詳しく調べましょう。
例えばドッグシッターは、ざっくりと説明すると、飼い主さんに代わって、犬の世話をするのが仕事です。

しかし、犬にとって、見ず知らずの人間が自分のテリトリーに入ってくる事は、想像以上のストレスになります。
そのため、体調を崩したり、いつもとは違う凶暴性を見せたりすることもあるので、単なる代理の世話係、というわけにはいきません。

どのような状況でも犬に負担をかけず、快適に過してもらうことがドッグシッターの最大の役割です。
それをスムーズにこなすには、専門的な技術、知識が必要不可欠で、そして、そのスキルを極めたモノだけが得られる“資格”もまたドッグシッターのプロを目指すには、絶対に必要となります。

特に、いずれ、ドッグシッターとして独立開業したい方や、活躍の場を世界中に広げたい方は、 どのような資格や技術を持つべきなのか、今のうちに調べておくようにしましょう。

道のり3、どこで学べる?

ドッグシッター関連の技術や知識、資格を取得できる学びの場は、全国にたくさん存在します。
もちろん、かなり厳しい条件ではありますが、独学でも、不可能ではありません。

最も人気なのが、通信や専門学校等で、ドッグシッターの資格、技術、知識の学びはもちろんですが、その他“犬全般”の資格などが目指せる充実のカリキュラムが整っています。

さらに、卒業後の就職サポート体制まで整っているので、現在年齢、性別問わず、多くの方が利用されています。
その他にも、ドッグシッター専門とはいいませんが、“動物学”を学び、その中で、ドッグシッター関連の資格が取得できる私立の獣医系大学や短大もあります。

ただ、通信や専門スクールに比べると、通学時間、学費等が高額なのが、デメリットです。
各学校、スクール、通信によって、学費、勉強にかかる時間、資格取得までの時間、費用、卒業後の進路などが、まったく違うので、早めに比較検討し、自分にぴったりの学びの場を見つけるようにしてください。

詳しい内容については、ドッグシッター関連学校や通信のホームページなどから無料で資料を取り寄せる事ができますので、そちらを利用してください。

道のり4、将来どんな職場で働ける?

ドッグシッターの技術や資格を取得できたら、どのような職場でドッグシッターのスキルを活かせるのか、将来どんな働き先があるのかを調べてみましょう。
ここ数年で、ペットを取り巻く環境は大きく変化し、ドッグシッターの需要も急増しています。

今後もさらに、ドッグシッターの需要は高まると予想され、今以上に、仕事のジャンル、就職先も増えるでしょう。
現在確認できるのが、ペットホテルやペットショップ、動物病院や個人宅、ドッグシッター専門の会社、など、あらゆる就職先があります。

また、正社員だけでなく、副業やアルバイト、パートなど、別の仕事をメインとしているOLさんや育児との両立を考える主婦でも気軽に働ける職場も多くなっています。
ただ、ドッグシッターの需要が高まるのと同時に、求められる資格や能力なども水準が高くなるので、スムーズに仕事を見つけるためにも、最低限の資格、能力等は、今のうちにしっかりと備えるようにしましょう。

・ドッグシッターシッターを知ろう
・どんな能力、資格が必要?
・どこで学べる?
・将来どんな職場で働ける?

の4つの道のりで、今一度、ドッグシッターについて考えてください。

ペットシッターの仕事と資格に興味がある方

  • ペットシッターはどんな勉強をすれば良いの?
  • ペット関連の資格について知りたい!
  • ペットシッターの世界に触れてみたい!
そう、お考えのあなたならこちらを確認ください。
ペットシッターの資格を取るには?ドッグシッターになるには?

関連記事