menu

ペットシッターになる方法と資格

「やってて良かった!」ドッグシッターの仕事の魅力とやりがい

ドッグシッターの仕事の魅力とやりがい

ここでは、ドッグシッターの仕事のやりがいを紹介します。
他の職種では、得られない、ドッグシッターならではの意外なやりがいがあります。

大好きな犬と通じ合える瞬間

食事や散歩、ゲージ内の掃除に排泄物の処理、時にトリミングや爪キリなど、身の回りの世話をするのがドッグシッターの仕事です。
楽しいことばかりではなく、大変なこともたくさんあります。

しかし、犬は、知能のとても知能の高い動物なので、ドッグシッターが自分にとって、「良い人間だ」と判断します。
そのため、次第にドッグシッターに心を許し、甘えたり、じゃれたりするようになります。

愛くるしい表現で、接してくる犬に触れた瞬間「この仕事をやっていて本当に良かった」と感じられるでしょう。

犬の寂しいを埋められる

犬は、誰よりも飼い主を信頼し、飼い主に依存しています。
そして、人間に比べ、はるかに早いスピードで、生きて、寿命を全うします。

そのため、人間にとっての1日は、犬にとっては、何年にも何十年にもなる事があります。
だからこそ、犬は、1分でも1秒でも飼い主の側にいたい、人間に甘えていたい、というのが本当のところ、かもしれません。

しかし、現実には、そうもいっていられないのが人間社会です。
働かなければ、収入も得られず、収入がなければ、犬を満足に養う事もできません。

また時に、病気になって、どうしても、犬の世話をできないこともあったりと、犬を一人ぼっちにさせてしまう事は、多々あります。
そんな時、飼い主にかわって、犬の側にいて、犬の「寂しい」を埋められるのが、ドッグシッターの仕事です。

そんな風に考えると、やりがいが実感できませんか?

危険を回避できる

ペットとして飼われている犬や動物は、野生で生きている動物に比べて、極めて安全、かもしれません。
しかし、その安全は、100%ではありません。

飼い主が不在の間に、病気や怪我で命を落とすことも、また火の元など人間の不始末によって、事件に巻き込まれないとも言い切れません。
一方、ドッグシッターが飼い主の不在中に一緒に過ごせたら、「万が一」に備える事ができます。

大好きな犬の危険を回避できるのも、ドッグシッターの仕事のやりがいの一つといえます。

飼い主の「どうしよう」をカバーできる

ドッグシッターを依頼する飼い主さんは、大事な愛犬を放置したくない、けど、仕事でどうしても留守にしなければいけない、どうしよう、困った、と悩んでいます。
そんな飼い主の「どうしよう、困った」をカバーできるのは、ドッグシッター以外にありません。

ペットホテルなどに預ける事も可能ですが、犬によっては、慣れ親しんだ「家」以外では、暴れてしまう、体調を崩してしまう、という事もあるでしょう。
そんな時には、やはりドッグシッターでなければ対応できません。

飼い主さんに「助かった、ありがとう」といわれた瞬間、「この仕事やっていて良かった」と思えますよね。

ペットシッターの仕事と資格に興味がある方

  • ペットシッターはどんな勉強をすれば良いの?
  • ペット関連の資格について知りたい!
  • ペットシッターの世界に触れてみたい!
そう、お考えのあなたならこちらを確認ください。
ペットシッターの資格を取るには?ドッグシッターになるには?

関連記事