menu

ペットシッターになる方法と資格

ドッグシッターはどんな職場で働けるの?将来はどうなる?

ドッグシッターはどんな職場で働けるのか

ドッグシッターとは、飼い主に代わって、ペットの身の回りの世話をする仕事です。

そんなドッグシッターが、活躍できる職場と将来像についてご紹介します。

ドッグシッターの現状と将来について

ドッグシッターの仕事に限らず、最近のペットブームを受けて、動物関連のビジネスは、とても活発で、今後も需要が高まると予想されています。
中でも、犬、猫を家族の一員として迎える方が急増しており、特に、独身で犬や猫をパートナーにするという傾向が圧倒的に多くなっています。

さらに、犬や猫などの高齢化、独身世帯で受け入れ、飼い主の高齢化によって、ドッグシッターの重要性が以前に比べて、非常に高くなっているのも事実です。
そのため、ドッグシッターを求めている環境も年々増えており、さまざまな施設での求人も目立ちます。

では、具体的にどのような職場で、ドッグシッターとして働けるかを紹介しましょう。

ドッグシッターとして活躍できる職場

1、医療関係施設

ドッグシッターは、動物看護士や動物介護士、などのキャリアアップの一つしても人気が高く、注目されています。
動物病院などでは、通院治療だけでなく、入院させて、世話をする事も多いため、ドッグシッターの技術、能力が必要とされています。

また、動物介護施設では、体の不自由になった犬の身の回りの世話を24時間体制で、行う必要があるため、ここでもまたドッグシッターの技術、能力が必要です。
そのため、ドッグシッターの資格があれば、医療関係施設で働くことができます。

2、ペットショップ関係

ペットショップでは、動物関連の資格がなくても、働く事はできますが、ドッグシッターの資格があれば、正社員として働くことも、高収入を得る事もできます。
数多くの犬を扱うペットショップでは、犬のストレス解消のため毎日の散歩、排泄物の処理、食事の管理など、ドッグシッターが保持する能力、技術が最大限に活かせる環境です。

3、個人宅

ドッグシッター本来の職場は、各家庭です。
依頼主のご自宅に訪問して、数時間から1日程度、飼い主に代わって、犬のお世話をするのが本来の仕事です。

そのため、いろいろな家庭の犬に触れあい、いろいろな家庭の雰囲気を感じる事ができるのも、ドッグシッターの魅力かもしれません。

4、自分の家

ドッグシッターは独立開業がしやすい仕事です。
その場合、自分の家が、職場となります。

ただ、各個人宅に訪問するのが、一般的なので、自宅は、ドッグシッターの事務所、として機能します。
その場合は、PCやFAX、電話さえあれば、十分対応可能となります。

ただし、独立開業には、動物取り扱い業などの登録、資格や届出が必要となるので、事前に確認してください。
以上、ドッグシッターの職場は、医療関係施設からショップ、個人宅、自分の家、などさまざまな環境となります。

この後さらに需要も増えると予想されていますので、幅広く活躍するためにも、今のうちに必要な技術、資格を得ておくようにしましょう。

ペットシッターの仕事と資格に興味がある方

  • ペットシッターはどんな勉強をすれば良いの?
  • ペット関連の資格について知りたい!
  • ペットシッターの世界に触れてみたい!
そう、お考えのあなたならこちらを確認ください。
ペットシッターの資格を取るには?ドッグシッターになるには?

関連記事