menu

ペットシッターになる方法と資格

ドッグシッターって年齢・性別関係なく誰にでもなれる?

ドッグシッターは年齢・性別関係なく誰にでもなれるのか

実は、ドッグシッターとして正式に働く場合でも、特別な資格は必要ありません。
そのため、学生や主婦、他の仕事をしている方でも、だれでもドッグシッターになれます。

ただ、資格や技術、能力等のよって、就職、転職に有利になったり、働き方によって得られる収入に差が生じたりと、あらゆる面で差が生じるのは事実です。
さらに、将来、ドッグシッターとして、独立を考えている方などについては、今のうちに取っておいたほうがいい資格もあります。

ここでは、主婦や学生、年齢制限にとらわれずに働けるドッグシッターの仕事について紹介します。

パターン1、未経験、無資格で働く

ドッグシッターは、未経験、無資格でも採用しているところはあります。
この場合、学生でも、働く事はできますが、アルバイトとしての採用が一般的です。

さらに、残念ながら、最初からドッグシッターとして仕事をするのではなく、ドッグシッター関連の“雑用”としての採用となります。
そのため、1年ないし2年ほどは、事務処理や他のスタッフのスケジュール管理、営業などの仕事をしなければならないでしょう。

また、採用条件も正社員ではなく、アルバイトとなるので、賃金形態になります。
ただ、ドッグシッター関連の職場に身をおく事で、先輩からさまざまな技術などを教えてもらうことはできます。

さらに、仕事と通学、通信等を両立させながら、時間をかけて資格取得を目指す事も可能です。

パターン2、主婦業と両立しながら働く

ドッグシッターには、性別、年齢制限などが一切必要ないので、もちろん主婦業と両立できます。
むしろ、別の職種に比べ、時間の調整がしやすいという状況から、育児や家事との両立がしやすいというメリットは大いにあります。

依頼者の中には、ドッグシッターさんの自宅で、犬を預かってください、という事もありうるので、余計に家事との両立がしやすいといえます。
しかし、その場合、安定的に仕事を頂くためには、信頼される資格、技術、は必要不可欠となります。

そのためにも、今のうちに必要な資格を取得しておくようにしましょう。

パターン3、定年後に働く

ドッグシッターの仕事に年齢制限はありません。
そのため、近年定年後の仕事として、ドッグシッターを目指す方も増えています。

例えば、現在サラリーマンとして働いている方が、通信講座でドッグシッターに必要な資格を取得し、定年後の生活に備えるというケースです。
通信講座なら、仕事の合間に勉強ができますし、入学に年齢制限もないので、現在多くの方が利用しています。

さらにドッグシッターは、独立開業もできる仕事なので、定年後自宅で開業することもできることから、とても人気を集めています。

パターン4、独学で目指す

ドッグシッターは、独学でも目指す事ができます。
関連書籍やテキスト等は、市販でも、ネットでも購入できるので、勉強費用も抑えることができます。

現在、別の仕事をしながら、独学でドッグシッターを目指している方も多いでしょう。
ただ、残念ながら、独学には、限界があり、特に、関連の仕事に一切身をおかず、教科書の文字だけで全ての技術、能力を習得する事は不可能です。

それでも独学でドッグシッターを目指したいという場合は、アルバイトやパートという立場でもいいので、ドッグシッター関連の仕事に携わるようにしましょう。
以上のように、ドッグシッターは、主婦でも学生でも、定年後の方、年齢性別問わず、だれにでもなるチャンスはあります。

しかし、まったくの未経験者や独学という状況で、現場に飛び込んでも、プロとして活躍する事は到底難しいということを理解しておくようにしましょう。

ペットシッターの仕事と資格に興味がある方

  • ペットシッターはどんな勉強をすれば良いの?
  • ペット関連の資格について知りたい!
  • ペットシッターの世界に触れてみたい!
そう、お考えのあなたならこちらを確認ください。
ペットシッターの資格を取るには?ドッグシッターになるには?

関連記事